/

この記事は会員限定です

ナーブとリビングスタイル VRで家具付きの部屋内覧

[有料会員限定]

仮想現実(VR)システム開発のナーブ(東京・千代田、多田英起社長)とインテリア関連システム開発のリビングスタイル(東京・新宿、井上俊宏社長)は、不動産業界向けに、CG(コンピューターグラフィックス)の家具を配置した部屋をゴーグル越しに内覧できるサービスを始める。内覧用の部屋を用意せずに済み、物件の販促費用を圧縮できる。

ナーブは不動産や観光向けに、現場に行かなくても雰囲気を体感できるVRシステムを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り357文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン