/

この記事は会員限定です

税制改正、企業負担軽減を柱に 賃上げ促進、承継支援が軸

[有料会員限定]

財務省と経済産業省は2018年度の税制改正で、賃金を上げる企業と事業を後継者に引き継ぐ企業への税優遇を充実する方針だ。企業の生産性を高めるため、人材への投資と事業承継を支援する。米国が法人税率の引き下げを計画しており、企業には国際競争力の観点から税優遇を求める声が多い。企業から投資をうまく引き出す仕組み作りが課題となる。

両省は大きな賃上げをする企業に減税をする制度を検討する。賃上げをする企業への...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り876文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン