/

アシックスの17年1~9月期、純利益15%減 欧米で苦戦

アシックスが2日発表した2017年1~9月期の連結決算は、純利益が前年同月比15%減の158億円だった。スポーツ用品を普段着に使う「アスレジャー」の人気に沿ったアパレル店などの販路が築けず、欧州や米国で主力のランニングシューズの販売を落とした。個人のランニングデータを活用する販売手法の導入に伴い、IT(情報技術)投資もかさんだ。

売上高は1%減の3102億円だった。主要市場の欧州で5%減少。米州も6%の減収となった。両地域では販売の中心だったスポーツ店がインターネット通販に押されており、新販路の開拓が課題となっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン