/

東北道で最高速度引き上げ試行、12月1日から 警察庁、新東名に続き

警察庁は2日、東北自動車道の岩手県の花巻南インターチェンジ(IC)―盛岡南ICの上下線約30キロで、12月1日から最高速度を試験的に110キロへ引き上げると発表した。実際の走行速度と規制の差をなくし、高速道路の効果を高める取り組みの一環。

今月1日には新東名高速道路の静岡県内の新静岡IC―森掛川ICの上下線約50キロで、110キロに引き上げられている。100キロ超への引き上げは、国内最初の高速道路が開通した1963年以来、初めてだった。

引き上げの対象は普通乗用車やバスなど。トラックなどの大型貨物車は重大事故のリスクから、現行の最高速度80キロに据え置かれる。

東北道は12月1日午後2時に引き上げの予定。警察庁は2区間で少なくとも1年間、安全性などを検証し、さらに120キロに引き上げるかや、他の高速道でも導入するかなどを検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン