2019年9月19日(木)

東北道で最高速度引き上げ試行、12月1日から 警察庁、新東名に続き

2017/11/2 18:57
保存
共有
印刷
その他

警察庁は2日、東北自動車道の岩手県の花巻南インターチェンジ(IC)―盛岡南ICの上下線約30キロで、12月1日から最高速度を試験的に110キロへ引き上げると発表した。実際の走行速度と規制の差をなくし、高速道路の効果を高める取り組みの一環。

今月1日には新東名高速道路の静岡県内の新静岡IC―森掛川ICの上下線約50キロで、110キロに引き上げられている。100キロ超への引き上げは、国内最初の高速道路が開通した1963年以来、初めてだった。

引き上げの対象は普通乗用車やバスなど。トラックなどの大型貨物車は重大事故のリスクから、現行の最高速度80キロに据え置かれる。

東北道は12月1日午後2時に引き上げの予定。警察庁は2区間で少なくとも1年間、安全性などを検証し、さらに120キロに引き上げるかや、他の高速道でも導入するかなどを検討する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。