/

この記事は会員限定です

老人ホーム併設の集合住宅、訪問介護を抑制 厚労省

[有料会員限定]

厚生労働省は訪問介護サービスの使いすぎを抑える。有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅(サ高住)など訪問介護事業所が併設された集合住宅に住む人について、利用額の算定方法を見直し、介護保険の範囲内で使える回数を減らす。現在は事業所が併設された住宅に住む人が多く使える仕組みになっており、不平等を是正する。

訪問介護は介護福祉士やヘルパーが利用者の自宅を訪問し、食事などの身体介助や、掃除や調理などの生活...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り452文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン