/

この記事は会員限定です

ソフトバンク、米再編出直しでくすぶる財務リスク

証券部 須永太一朗

(更新) [有料会員限定]

ソフトバンクグループが6日、2017年4~9月期決算(国際会計基準)を発表する。市場関係者の最大の注目点は、業界再編の構想が振り出しに戻ったとされる、傘下の米携帯子会社スプリントの行方だ。同日朝にはスプリント株を買い増すと発表した。午後の決算会見で、ソフトバンクの孫正義会長兼社長がどこまで言及するかが焦点となる。一方、事業戦略の練り直しを迫られることで、すでに15兆円近くの連結有利子負債を抱える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1493文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン