2017年11月22日(水)

新電力ベンチャー、仮想通貨のマイニング事業に参入

フィンテック
BP速報
2017/11/2 23:00
保存
共有
印刷
その他

ITpro

 新電力ベンチャーのLooopは2017年11月2日、クリプトマイニングジャパン(CMJ)、仮想通貨取引所運営のテックビューロと業務提携し、仮想通貨の採掘(マイニング)事業に参入すると発表した。同事業の拡大などを目的に、LooopとCMJはICO(initial coin offering:ブロックチェーン上で発行したデジタルトークンの販売による資金調達)を、2017年12月以降に実施する。

(出所:Looop、CMJ、テックビューロ)

(出所:Looop、CMJ、テックビューロ)

 Looopが同事業に向けて太陽光発電の余剰電力を安価に供給することで、国内でも中国など電力料金が安い地域と比べて競争力のあるマイニング事業を運営できると見込む。2017年8月創業のCMJが設計したマイニング専用コンテナを通じ、マイニングを実施する。

 3社はマイニングで収益を得るほか、マイニング設備を貸し出すクラウドマイニングなどのサービスを提供する。テックビューロのICO支援サービス「COMSA」を通じて発行するトークンには、各種サービスを優先して利用できる権利などの特典を付与する見込み。利益配分など有価証券としての性質は持たせないという。

(日経コンピュータ 浅川直輝)

[ITpro 2017年11月2日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報