スマホの自動翻訳が握る 日本発AIの未来
政策 現場を歩く

2017/11/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「揺れに気をつけてください」。10月25日、両国国技館(東京・墨田)に集まった約50人の外国人留学生。突然場内に響いた緊急地震速報に驚いた。係員に促され、身をかがめながら、スピーカーから流れる地震の揺れの音がやむのを待った。

これは総務省消防庁が企画した避難訓練だ。外国人や視聴が困難な人など、従来の日本語の伝達では避難誘導が難しい人にどう情報を伝えるかを試す。2020年の東京五輪・パラリンピック…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]