2018年10月21日(日)

10/21 15:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 始動する臨海部経済圏 「NEO TOKYO」こんな街に[有料会員限定]
  2. 2位: 一段の新興国通貨安、市場が警戒 利上げ判断が焦点[有料会員限定]
  3. 3位: 世界最大の資産運用会社が企業に求める「理念」[有料会員限定]
  4. 4位: 中国に振り回される日本株 決算にらみリスク見極め[有料会員限定]
  5. 5位: 下げ相場では早逃げ、青木貞吉氏

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,532.08 -126.08
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,530 -60

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

10月19日(金)14:18

中国の7〜9月期GDP6.5%成長 2期連続で減速[映像あり]

9月の工業生産高↑5.8% 小売売上高↑9.2%

10月19日(金)13:05

[PR]

グローバルOutlook

フォローする

FRB新議長が背負うテイラー教授の宿題
編集委員 滝田洋一

(1/2ページ)
2017/11/7 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米連邦準備理事会(FRB)の次期議長となるパウエル理事。金融政策のカジ取りがハト派であると、金融・株式市場に歓迎されている。好景気と低インフレといういい湯加減に死角はないのだろうか。

4年間vs.5年7カ月。日本の政権の長さの順番ではない。前者の4年は来年2月に退任するイエレンFRB議長の在任期間。FRBが今の仕組みになってからの議長9人のうち、3番目に短い。

後者の5年7カ月は、食料・エネルギ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム