高齢ドライバー「認知症の恐れ」3万人 判定半年で
改正道交法施行施行後、警察庁まとめ

2017/11/2 10:14
保存
共有
印刷
その他

75歳以上の認知機能検査を強化した改正道路交通法が3月に施行されてから9月末までの半年間で、認知症の恐れがある「第1分類」と判定された人が3万170人に上ったことが2日、警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。

第1分類は医師による診断を受けることが義務付けられている。これまでに7673人が受診し、697人が免許取り消し、停止などの行政処分を受けた。

警察庁は認知症の診断による免許取り消し、停止が年…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]