/

この記事は会員限定です

EVシフトに勝てるか 産官学の次世代エンジン開発

[有料会員限定]

自動車業界は電気自動車(EV)に代表される電動化、自動運転など新たな技術の波が一気に押し寄せ、100年に1度とも呼ばれる大変革期を迎えた。地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」などを受けて、欧州や中国などがガソリン車からEVへのシフトを加速させている。しかし日本勢は燃料電池車(FCV)や高効率のガソリンエンジンなど全方位に投資する姿勢を崩しておらず、エコカーの本命はまだ見えない。

世界で強まる「脱ガソリン車」に向けた環境規制

5日まで開催される東京モーターショー。日本の自動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2247文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン