/

この記事は会員限定です

浜松のアワビ陸上養殖、地元へ事業移管 住民奮闘

[有料会員限定]

浜松市が天竜区の旧佐久間町で取り組む「佐久間アワビプロジェクト」が地元への事業移管に向けて本格的に動き出した。2年間の養殖実験がこのほど終了。現在、年間1万匹の生産を目指して養殖技術の確立を急ぐとともに、商品開発や販路開拓も始め、2019年4月の「民営化」を目指す。

「味には自信がある。評判も予想以上にいい」。市と共同でアワビの陸上養殖に取り組む、地域住民のNPO法人「がんばらまいか佐久間」の河...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り837文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン