/

この記事は会員限定です

金取引にイスラム金融の波 戒律「適合」へ対策進む

商品部 今橋瑠璃華

[有料会員限定]

現物の受け渡し義務や利子の受け取り禁止といった様々な制約が金融取引に課されるイスラム教。オイルマネーの膨張や産油国のインフラ開発といった資金需要を背景に、イスラム金融ファンドやイスラム債(スクーク)の組成が相次ぐ。この流れは金市場にも及び、教義に沿う金取引ができる取引所など市場インフラが整いつつある。イスラム圏の市場参加者が広がれば、金相場への影響力も大きくなりそうだ。

アラブ首長国連邦(UAE)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り839文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン