東京都杉並区、直下型地震で建物の2割焼失も

2017/11/1 22:00
保存
共有
印刷
その他

東京都杉並区は首都直下地震が発生した場合の被害想定を独自に作成した。東京湾の北部でマグニチュード(M)7.3の地震が起きた場合、区内にある建築物の2割が焼失すると予測している。50メートル四方を1単位としてきめ細かく震度や焼失棟数、人的被害などを予想したのが特徴で、災害に強い街づくりに向けデータを活用する。

首都直下地震の被害想定としては、東京都が2011年の東日本大震災を受け250メートル四方…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]