/

北海道にメガソーラー、蓄電池併設では最大級

ソフトバンクグループのSBエナジー(東京・港)と三菱UFJリースは1日、道南の八雲町に大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設すると発表した。電力を安定させる蓄電池を設け、蓄電池を併設するメガソーラーとしては国内最大級という。

出力は10万2300キロワット。年間発電量は一般家庭約2万8千世帯の年間消費量に相当する約1億68万2000キロワット時を見込む。2018年4月に着工し、20年度中に運転を始める予定。

メガソーラーは別の企業2社が所有する132万平方メートルの土地に設置する。発電された電力は北海道電力に売電する。北電の要請を受けて発電所内に大型蓄電池を併設する。蓄電池があるため出力が多すぎたり少なすぎたりしても安定出力で売電できる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン