/

この記事は会員限定です

実践!セイラー教授のノーベル経済学賞

松屋フーズのライバルは吉野家じゃない

[有料会員限定]

2017年のノーベル経済学賞は米シカゴ大のリチャード・セイラー教授に決まった。消費者行動のツボを押さえた、セイラー教授の行動経済学の理論は、マーケティングに大いに役立つ。この分野に詳しい慶応大の星野崇宏教授と専修大の奥瀬喜之教授に解説してもらいながら、実際の事例を交えつつ、ノーベル賞マーケティングの活用法を探ってみた。

古くからの経済学は人間は合理的な経済行動をとるとしているのに対し、行動経済学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3009文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン