/

ロイヤルHD、キャッシュレスの飲食店

業務効率化、人手不足に対応

ロイヤルホールディングスは1日、支払いをクレジットカードと電子マネーに限定したレストランを東京都中央区に開くと発表した。今月6日から営業を開始する予定。客との間で現金のやりとりを完全に無くすとともに、注文はすべてタブレットで受け付け店舗運営を効率化する。外食店の人手不足に対応した実験店として、今後は主力のファミレス「ロイヤルホスト」などにもノウハウを導入していく。

新店は「GATHERING TABLE PANTRY」。洋食やサラダ、デザートなどを幅広くそろえる。座席数は40席程度で、店の入り口で、現金は使えないことをパネルで表示するという。決済システムには楽天の「楽天ペイ」を活用する。クレジットカードのほか「楽天Edy」などの主要な電子マネーも使用できる。

店内にはパナソニックと共同研究した調理時間を短縮できるオーブンも導入する。ロイヤルホストの標準店ではピーク時に7~8人の店員を配置するが、新店は5~6人で運営が可能になるという。ロイヤルHDの黒須康宏社長は「少子高齢化による生産労働人口の減少に危機感がある」としており、効率化のノウハウを積み上げ、既存店の改革につなげる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン