AI研究「過度な規制、競争に不利」
NECデータサイエンス研究所長・山田昭雄氏

2017/11/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)の研究において日本は世界で勝ち抜くことができるのか。NECデータサイエンス研究所の山田昭雄所長に展望を聞いた。

――AI研究が活発になっています。

「現在は第3次AIブームとされる。これまでは人間が機械にものの考え方や知識を教え込んだ。その場合、課題に対し既存の考え方がうまく当てはまれば動作したが、人間にとって都合の良い課題はなかなか現れないし、知識を教えるのに膨大なコストがかか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]