/

この記事は会員限定です

韓国、中国の「経済報復」緩和に期待

韓国企業、対中投資再開へ

[有料会員限定]

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国の産業界は米軍の地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の韓国配備に反発する中国による「経済報復」の緩和に期待を寄せ、滞っていた対中投資の再開など、中国事業の立て直しに動く。ただ、「報復」は表向き中国政府の指示ではなく、経済交流が本格的に回復するには時間がかかるとの見方もある。

韓国ロッテグループは31日、「耐えがたい損失と被害を受けたのは事実だが、中国との関係は必...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン