丸紅、ミャンマーの火力発電所改修 25億円で受注

2017/10/31 23:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

丸紅はミャンマーで天然ガスを使った複合火力発電所の改修工事を受注する。受注金額は約25億円で、国際協力機構(JICA)からの円借款で全額賄う。丸紅はこれまでもミャンマーで火力発電所の建設などに携わってきた。電力需要の成長が期待できるアジアの新興国で電力事業の拡大を目指す。

丸紅の100%子会社の丸紅パワーシステムズが事業を請け負う。ミャンマーの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]