2019年2月18日(月)

2/18 13:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,290.77 +390.14
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,270 +370

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

ソフトバンクとトヨタ 丸の内で通勤シャトル実証実験[映像あり]

iPS細胞で脊髄損傷治療 厚労省が慶大の計画了承

2月18日(月)13:00

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

2月15日(金)14:14

[PR]

業績ニュース

第一三共の18年3月期、一転減益 鎮痛剤開発で減損

2017/10/31 20:30
保存
共有
印刷
その他

第一三共は31日、2018年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比6%減の500億円になりそうだと発表した。従来予想の23%増の660億円から一転減益となる。米国で一部の麻薬性鎮痛剤の開発を取りやめ、無形資産の減損損失約278億円を計上する。

14年に米チャールストン・ラボラトリーズと結んだ麻薬性鎮痛剤「CL―108」の開発・販売契約の解約を決めた。売上高は3%減の9300億円と予想を据え置いた。欧米で特許切れを迎えた主力の高血圧症治療薬「オルメサルタン」は約4割減収。好採算の抗凝固薬「エドキサバン」は伸びるが補えない。

会見した広川和憲副社長は「減損がなければ(中期計画で今期目標の)営業利益1000億円の実力がある」と述べ、利益の落ち込みは一過性だとの見方を強調した。

併せて18年3月までに最大500億円の自社株買いを実施すると発表した。同社は総還元性向で100%以上を目標としている。同日午後1時の発表後、株価は前日比4%(90円)高の2600円で引けた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム