2017年11月19日(日)

エーザイなど後発薬をインドで受託製造 薬価引き下げへ

ヘルスケア
南西ア・オセアニア
2017/11/1 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 エーザイなど新薬メーカーがインドで相次ぎ後発薬の製造受託に乗り出す。日本における後発薬市場は伸びが鈍化しており、各社は一段の値下げを迫られている。医薬品も生産の外部委託など分業の動きが広がっており、受託事業の商機は大きいと判断した。人件費などのコストが安く自社の工場を活用できるインドでの生産が、後発薬の普及を後押ししそうだ。

 日本では2017年6月時点で後発薬の浸透率が68%だった。参入しやすい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報