/

この記事は会員限定です

エーザイなど後発薬をインドで受託製造 薬価引き下げへ

[有料会員限定]

エーザイなど新薬メーカーがインドで相次ぎ後発薬の製造受託に乗り出す。日本における後発薬市場は伸びが鈍化しており、各社は一段の値下げを迫られている。医薬品も生産の外部委託など分業の動きが広がっており、受託事業の商機は大きいと判断した。人件費などのコストが安く自社の工場を活用できるインドでの生産が、後発薬の普及を後押ししそうだ。

日本では2017年6月時点で後発薬の浸透率が68%だった。参入しやすい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り720文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン