2017年11月21日(火)

変わる特許紛争の構図 IoT普及で異業種間増加

法務・ガバナンス
2017/11/5 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 特許紛争の構図が大きく変わり始めている。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の普及に伴い、通信大手が自動車メーカーにライセンス料を求めるなど異業種間の紛争が目立ち始めた。交渉を巡るルールが未成熟のうえ当事者の相場観や慣習も違い、深刻な対立に陥りやすいという。(植松正史)

 「うちも『彼ら』からライセンス交渉を持ちかけられた」。2017年初めごろから特許庁の担当者の耳に、大手自動車メーカーの悲鳴…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報