/

グリコ、タイでアイス製品を拡充

江崎グリコ 31日、タイで現地生産するアイスクリームの品数を増やすと発表した。「ジャイアントコーン・クラウン」(価格は35バーツ=約120円)など3品目を加える。2017年は前年比5~10%の売り上げ増を見込む。

タイでの品ぞろえは16年1月の市場参入当初の4ブランド8品目から、4ブランド12品目に増える。現地子会社グリコフローズンタイランドの島森清孝社長は記者会見で「タイは人口が日本の約半分なのに対し、アイスの市場規模は10分の1以下だ。まだまだ成長の可能性がある」と話した。

グリコはバンコク首都圏で約7%のシェアを持つ。参入初年度となった16年のタイでのアイス事業の売上高は約2億バーツだったもよう。17年6月には生産能力を当初の3倍に増強し、当面の事業拡大に必要な供給体制を整えた。品ぞろえや取扱店舗数を増やし20年には売り上げを6億~9億バーツに増やす。(バンコク=小谷洋司)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン