2017年11月24日(金)

場所は言えない グーグル自動運転「秘密の街」を見た

ネット・IT
自動車・機械
北米
2017/10/31 16:01
保存
共有
印刷
その他

 米グーグルがデータ解析を駆使した自動運転車の開発を加速させている。30日に架空の町を模した試験場を公開し、不測の事態を想定した2万例以上の走行シナリオを車に「学習」させていることを明らかにした。車で使う人工知能(AI)の精度を高め、人の運転に頼らなくても安全に走れる完全な自動運転車づくりを急ぐ。

■広大な米軍基地の跡地に

 グーグル系の自動運転開発会社、ウェイモが報道陣に「キャッスル(城)」と名付けた施設を初めて公開した。場所など詳細を明らかにすることは「禁止」(ウェイモ)となっているが、米軍基地の跡地である91エーカー(0.36平方キロメートル)もの広大な敷地を使い、グーグル本社からも離れた人目に付きにくい場所にある。

 城さながらに厳重にフェンスで覆われた敷地内に足を踏み入れると、そこには「止まれ」の標識や信号など一般と同じ道路環境が再現された仮想の町が広がっていた。グーグル時代の09年から自動運転車の開発を始めた同社はすでにカリフォルニア州などの公道で走行試験を始めている。自社施設であるキャッスルでは事故につながりそうな事例を再現し試験しているという。

 例えば横に並んで走る車が突然加速し自分のレーンに侵入してきた場合にどうするか。キャッスルではこのシナリオについて、相手の加速を予測し自らは減速しながら場所を空けるといった対応ができるかを繰り返し試験している。

■希少な事故例も再現

 「スパイシー事例」(ウェイモ)と呼ぶ年に一度起きるかどうかの状況も試験する。この日は、引っ越し作業員が道路に荷物を倒し、さらに対向車線から車が来るといったシナリオを再現していた。車は作業員が荷物を拾うまで一時停止し、さらに対向車が過ぎ去るのを待つ。公道でこうした状況に出合うのはまれだが、データとしては必要だ。

 さらにウェイモはこの日、シリコンバレーの本社で実施しているシミュレーターを使った走行実験の概要も明らかにした。

 3次元の詳細な地図を使いアリゾナ州やテキサス州など多様な場所での走行をコンピューター上で再現。シミュレーションにはウェイモが実世界で走らせている車の「仮想版」が2万5000台投入されており、1日当たりの試験距離は1000万マイル(1609万キロ)に上るという。

 ウェイモは公道用の試験車を600台擁しており今では一日あたり一万マイル超を試験走行している。現在までに公道で350万マイルを走破しており、自動運転を手掛ける企業としては圧倒的な距離を走っている。これにシミュレーションとキャッスルでの走行を重ねてデータの質を高めAIの精度を一気に高める狙いだ。

■世界で最も経験を積んだ運転手

 ウェイモがデータ集めを急ぐ理由は「世界で最も経験を積んだ運転手をつくる」(ジョン・クラフチック最高経営責任者=CEO)ことに重きを置いているからだ。同社によると「事故の94%は人の過失によるもの」(同)。優れたAIと自社製センサーの融合で、人に勝る安全運転を実現するというのが同社の目標だ。

 実は今回公開されたキャッスルは13年末には運用が始まっている。日本でようやく自動運転の開発議論が盛り上がってきたころにはすでにグーグルは走行データ解析の重要性に気づいていたことになる。データが命綱でもあるAIで優位にある同社ならではの発想ともいえる。

 対する自動車メーカーは日本勢を見る限り、人の存在が前提だ。開催中の東京モーターショーでトヨタ自動車は運転手を補佐することを主眼に置いた自動運転車を発表した。データを集めたり、AIを賢くしたりといった議論には乏しい。

 自動運転車の本格的な商用化がまだ先の中、どちらが優れているかの判断は難しい。ただ運転手がいてもいなくても車の「頭脳」は賢い方がいいはずだ。記者はキャッスル内で運転手が座席にいないまま自動で走るウェイモの車に試乗した。違和感がない自然な走りは、車の定義が足元で書き換えられつつあることを実感するのに十分なものだった。

(シリコンバレー=中西豊紀)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

ウェイモグーグルトヨタ自動車AI



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報