日経2020イベント&ストーリー

フォローする

東京ではホテル余剰も みずほ総研、20年予測が一転
第2回日経2020フォーラムを前に

(2/2ページ)
2017/11/6 5:40
保存
共有
印刷
その他

――地方都市のホテル需給はどうですか。

「地方では、ホテルの客室よりも人手不足の方が大きな問題です。中小規模の宿泊施設は従業員が高齢化しています。特に家族経営の宿泊施設は事業の継承もできず、営業を続けることさえ難しくなっています。だから人手をあまりかけずに宿泊サービスを提供できる民泊は、地方において外国人旅行者の受け皿として重要です」

■ライドシェア、地方でこそ必要に

――地方は東京ほど公共交通機関が発達していません。空港や駅から観光地までを結ぶ「二次交通」も課題ではありませんか。

「その通りです。せっかく外国人旅行者を呼び込んでも、その地域内を周遊してもらえなければ、経済効果は小さくなってしまいます。沖縄県をクルーズ船で訪れた人と飛行機で訪れた人を比べると、その違いは明らかです。クルーズ船は空路に比べて滞在期間が短いうえ、(港からの)バスやタクシーが不足しているため、港周辺の景色だけ楽しんで帰ってしまいます。その結果、沖縄県での支出額は空路が1人10万円近いのに対し、クルーズ船は3分の1程度しかありません」

東京五輪・パラリンピックで未来に残したいレガシーの一つに「キャッシュレス」をあげる

東京五輪・パラリンピックで未来に残したいレガシーの一つに「キャッシュレス」をあげる

――どんな解決策が考えられますか。

「米ウーバーテクノロジーズが提供しているようなライドシェアのサービスは地方でこそ有効でしょうね。地方では宿泊サービスだけでなく、運輸サービスでも人手不足が深刻ですから、シェアリングエコノミーによってサービスを提供する仕組みをつくらないと、外国人が来ても、二次交通が充実していないために、地域でお金を使ってもらえないでしょう」

――みずほ総研は東京五輪・パラリンピックの経済効果を20年までの累計で30兆円規模になると14年に試算しました。この見通しは変わっていませんか。

「カジノを中心とする統合型リゾート(IR)の整備など(試算の前提の)一部は実現に至っていないものの、全般として経済の押し上げ効果は見誤っていなかったと思います。(13、14年にヒットした)アニメ映画『アナと雪の女王』になぞらえれば、日本経済はバブル崩壊後に冬の世界に入ってしまいました。映画で『真実の愛』が雪を解かしたように、アベノミクスの成長戦略や東京五輪・パラリンピックが雪解けに向かうためのマインドを切り替えたのです」

――押し上げ効果が「需要の先食い」であれば、五輪・パラリンピック後の反動も予想されます。

「20年以降、建設やインバウンドの需要が落ち込むといわれますが、逆です。建設需要は20年以降も伸びるとみています。公共インフラや民間の建築が老朽化しているにもかかわらず、20年まで(新築を優先して)更新を遅らせているからです。インバウンド需要も20年以降、従来のトレンドを超えて、上振れするとみています」

――東京五輪・パラリンピックのレガシー(遺産)についてはどう考えていますか。

「経済やテクノロジーの分野でレガシーを作りたいですね。ロンドン五輪のときに英国は『グレートキャンペーン』を展開して英国の経済、文化などを売り込みました。これを日本も参考にしながら、東京大会を経済やテクノロジーのショーケースにして、海外に示していくことが重要です」

「レガシーの一つにはキャッシュレスがあると思います。日本は現金決済の比率が高いですからね。中国の人が日本に来て、久しぶりに(現金を入れる)財布を買ったという冗談もあります。キャッシュレスになれば、小売店もコストを下げることができますし、消費者も現金を持ち歩かないから安全です。せめて五輪・パラリンピックの競技場内では現金を使わなくてすむようにしたいですね」

――みずほフィナンシャルグループは円と等価交換できるデジタル通貨「Jコイン」を東京五輪・パラリンピックまでに作り上げ、日本をキャッシュレス社会に変えようとしています。

「Jコインは何としても実現したいですね。いろいろな人にオープンに参加してもらって、インフラのようにしていく必要があります。将来は(他国の通貨との)互換性を確保して、訪日外国人にとっても便利なものにしないといけないと思います」

高田創
 みずほ総合研究所チーフエコノミスト・専務執行役員調査本部長。1982年東大経卒、日本興業銀行(当時)入行。みずほ証券執行役員チーフストラテジストを経て17年4月より現職。著書に「2020年 消える金融」「国債暴落」などがある。東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の「経済・テクノロジー委員会」委員も務める。

(聞き手は山根昭)

日経からのお知らせ 日本経済新聞社は11月9日、2020年東京五輪・パラリンピックと日本経済の活性化を考える第2回日経2020フォーラム「2020年から見えるインバウンド新時代」を開催しました。小池百合子東京都知事、大会組織委員会の御手洗冨士夫名誉会長、東京海上日動火災保険の北沢利文社長らが登壇しました。

日経2020イベント&ストーリーをMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

日経2020イベント&ストーリー 一覧

フォローする


 新型コロナウイルスの感染拡大や東京五輪・パラリンピックの延期は大会施設が集積する東京臨海部の街づくりに暗い影を落とす。東京都は都心と臨海部を結ぶバス高速輸送システム「東京BRT」の運行開始を延期し、 …続き (5/21)

浮世絵を使ったパネルで落とし物の情報を検索できるシステムの説明をする津田塾大学の学生(記念展示会で)


 東京五輪・パラリンピックの開催は東京の若者にどう映っているのか。大会の舞台となる国立競技場にほど近い津田塾大学千駄ヶ谷キャンパス(東京・渋谷)に、そのヒントがあった。学生たちは大会を機に、将棋や浴衣 …続き (3/14)

閉幕後はHARUMI FLAGとなる五輪選手村

 日経産業新聞は5日、首都圏「新築マンショントップ30」をまとめた。発売価格の高止まりや新型コロナウイルスの感染拡大で販売への影響が懸念されるなか、上位に来たのが「東京リボーン」物件。東京五輪を機に進 …続き (3/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]