/

この記事は会員限定です

AI活用の成否握る、ビッグデータの泥臭い「手作業」

[有料会員限定]

大量のデータを活用するアプリやサービスが当たり前になっている。人工知能(AI)で正しい画像を選んだり、将来を予測したりと、データの使い道は幅広い。データはシステムで自動処理するイメージを思い浮かべるが、実際には膨大な時間と手間をかけて整備することも多いようだ。

商品画像10万枚に手動でラベル付け

メルカリ(東京・港)がフリーマーケットアプリの姉妹版として8月に始めたアプリ「メルカリ メゾンズ」。売買する品物はブランド品に特化している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1300文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン