世界記憶遺産に「朝鮮通信使」「上野三碑」

2017/10/31 1:41
保存
共有
印刷
その他

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は31日、歴史的価値の高い文書などを対象にした「世界の記憶」(世界記憶遺産)に、江戸時代の朝鮮王朝が派遣した外交使節「朝鮮通信使」に関する資料の登録を認めた。日本から申請した群馬県高崎市の古代石碑群「上野三碑(こうずけさんぴ)」なども登録を認めた。

上野三碑の(左から)「多胡碑」「金井沢碑」「山上碑」=共同

上野三碑の(左から)「多胡碑」「金井沢碑」「山上碑」=共同

パリで開かれた国際諮問委員会(IAC)で登録を審査し、事務局長が最終決定した。

旧日本軍の従軍慰安婦関連資料については中国、韓国や国内の民間団体が共同で登録を申請していた。だが国際諮問委員会は従軍慰安婦関連資料について世界記憶遺産への新規登録の是非の判断を延期するよう事務局長に勧告したと明らかにした。

韓国・永川市で再現された朝鮮通信使の行列=共同

韓国・永川市で再現された朝鮮通信使の行列=共同

従軍慰安婦問題は日韓の外交問題になっており、日本政府は「記憶遺産事業の政治利用につながる」として登録に反発していた。

日本から申請していたのは上野三碑のほか、第2次世界大戦中にユダヤ人を救った岐阜県出身の外交官、杉原千畝の資料「杉原リスト」。杉原リストは今回の登録に含まれていないとみられる。

登録が認められた朝鮮通信使は朝鮮国王が徳川将軍家に派遣した使節団。対馬(長崎県)や江戸を経て、徳川家康が祭られる日光東照宮(栃木県)まで、一行が通った地域に外交文書や行列の様子を記した絵などが残っており、日韓の関係自治体や民間団体が共同で計333点の登録を申請していた。

また上野三碑は飛鳥、奈良時代(7、8世紀)に現在の群馬県高崎市に建てられ、国の特別史跡に指定されている山上碑、多胡碑、金井沢碑の総称。681年建立の山上碑は完全な形で残る石碑としては国内最古とされる。いずれも漢字で刻まれ、東アジアの文化交流を示す遺産として同市などが申請した。

記憶遺産を巡っては前回の2015年、中国の「南京大虐殺」関連資料が登録されたことに日本政府が反発。制度の改善を求めてユネスコ分担金の支出を一時凍結した。

 ユネスコは次の19年の審査から、事実関係や歴史認識で見解の相違がある案件については、関係国からの意見聴取の手続きを導入するなど、審査の見直しを決めている。
▼世界の記憶(世界記憶遺産) 世界各地の貴重な古文書や絵画を保護する目的でユネスコが1992年に創設した。世界で約350点が登録されており、日本からは平安時代の「御堂関白記」、シベリア抑留の資料「舞鶴への生還」など5件が登録されている。
 審査は2年に1度。申請は1カ国2件までの制限があるが、複数国の共同申請の場合は除く。加盟国の委員でつくる国際諮問委員会が非公開の場で審査し、ユネスコ事務局長が最終決定する。
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]