/

この記事は会員限定です

海賊版誘導、サイト運営者を取り調べへ 大阪府警など

著作権法違反容疑

[有料会員限定]

無断でコピーされた漫画や書籍の海賊版サイトにインターネット利用者を誘導する「リーチサイト」の運営を巡り、大阪府警や福岡県警などの合同捜査本部が近く、サイト運営者ら数人を著作権法違反の疑いで取り調べる方針を固めたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。

海賊版サイトへのリンク(URL)を集めたリーチサイトは海賊版の作成や投稿に直接かかわっているわけではないが、著作者が作品の販売を通じて得る利益...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り474文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン