/

この記事は会員限定です

中国でコーヒー店頭販売 ウエシマコーヒーフーズ、まず大連で

[有料会員限定]

業務用コーヒーのウエシマコーヒーフーズ(神戸市)は中国でコーヒーの店頭販売を始めた。大連の百貨店で試飲販売会を開くとともに常設販売を始めた。既に手掛けている飲食店向けの卸やインターネット販売も強化する。消費者向けの店頭販売とあわせ、2019年までに中国で1億円の売上高を目指す。

大連の百貨店の食品売り場で常設販売のコーナーを設け、レギュラーコーヒーの販売を始めた。価格は日本での販売に比べ1~2割高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り325文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン