東京湾埋め立て地帰属、大田区が提訴

2017/10/30 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京湾の中央防波堤埋め立て地の帰属を東京都江東、大田両区が主張し合っている問題で、大田区は30日、江東区を相手取り、境界確認を求めて東京地裁に提訴したことを明らかにした。対象地の帰属を巡っては都が調停案を示したが、大田区は「不合理な内容」と反発。29日の区議会臨時会で受け入れ拒否と提訴の議案を可決した。大田区は司法の場での決着を目指す。

対象地は約500ヘクタールで、都がごみ処分場として埋め立て…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]