衆院会派 山尾氏は立民、前原氏は希望

2017/10/30 23:00
保存
共有
印刷
その他

11月1日召集の特別国会を前に、衆参両院の各会派勢力が30日決まった。衆院では無所属の山尾志桜里氏が「立憲民主党・市民クラブ」に、民進党代表を辞任した前原誠司氏が「希望の党・無所属クラブ」に所属する。

参院では民進党を離党した藤末健三、平山佐知子両氏が新会派「国民の声」の結成を届け出た。行田邦子、松沢成文両氏は日本のこころを離脱した中山恭子氏とともに参院会派「希望の党」を立ち上げる。立憲民主の福山哲郎幹事長は民進党会派を退会し、どの会派にも所属しない「無所属」となった。

衆参の新たな勢力分野は次の通り。

【衆院】自民党284▽立憲民主党・市民クラブ55▽希望の党・無所属クラブ51▽公明党29▽無所属の会13▽共産党12▽日本維新の会11▽自由党2▽社民党・市民連合2▽無所属6

【参院】自民党・こころ125▽民進党・新緑風会47▽公明党25▽共産党14▽日本維新の会11▽希望の会(自由・社民)6▽希望の党3▽無所属クラブ2▽沖縄の風2▽国民の声2▽無所属5

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]