/

この記事は会員限定です

OKI、IoTで交通支援 まず建設業向け資材運搬

[有料会員限定]

OKIはあらゆるモノがネットにつながる「IoT」などを使って交通を支援する事業を始める。第1弾として建設業界向けに資材の運搬車両の運行を管理するサービスを提供する。自動運転時代を見据えて、OKIは次世代交通事業を中核に位置付け、2019年度までの3年間で250億円の売り上げを目指す。

新サービスは建設や運送、金融といった業種ごとにクラウドで提供する。まず12月から建設業界向けにサービス提供を始める。

スマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン