2018年12月11日(火)

ボール任せ 風任せ

フォローする

ゴルフ界は先人にもっと敬意を払おう
ゴルフジャーナリスト 地平達郎

(1/2ページ)
2017/11/2 6:30
保存
共有
印刷
その他

史上初めて2試合続けて降雨によるコンディション不良で最終日が中止になった女子ゴルフツアー。2試合目の「樋口久子・三菱電機レディース」で、天気に気をもみつつ、日本女子プロゴルフ協会相談役の樋口久子はクラブハウスやコースを忙しそうに行き来していた。

サインに気軽に応じる樋口

サインに気軽に応じる樋口

日本のゴルフトーナメントで唯一、冠にプロゴルファーの名前がつく大会。1983年に始まった「紀文レディース」が97年から「樋口久子・紀文レディース」になり、以来、メインスポンサーに変更はあったが、樋口の名前は今に至るまで残っている。

樋口、プロ生活50年の節目

「大会に自分の名前がつくなんて、ものすごく名誉なことで、『感謝』という言葉だけでは足りません」

67年10月に行われた初の女子プロテストに合格した1期生。今年、プロ生活50年の節目を迎えた樋口は、何度も「ありがたい」を口にした。

国内外で優勝すること72回。76年のコルゲート欧州女子オープンの米ツアー初優勝に続き、77年の全米女子プロ選手権で日本人プロ初のメジャー大会制覇を果たした。

これらの功績が評価され、2003年に日本人として初めて「世界ゴルフ殿堂」(米フロリダ州)入り。その後、04年に青木功、05年に岡本綾子、11年に尾崎将司の4人が顕彰されている。

それだけに、名前が冠についた大会が行われ続けている意義は大きい。日本人プロゴルファーの米ツアー参加の先駆者。しかし、その道は平たんではなかった。

プロになったはいいが、今のように毎週トーナメントがあるわけではなく、日本女子オープンや日本女子プロ選手権など国内試合は数が限られていた。戦いの場を米ツアーに求めたのが70年。とはいえ、現在の選手のようにキャディーやマネジャーが同行するわけではなく、一緒に参戦した佐々木マサ子らと、心細い思いをしながら米大陸を転々としたという。

まさに、荒野に細い道を少しずつ開いていったわけで、男子ツアーに初めて本格参戦した青木とともに、その後米ツアーに参加するようになった後輩たちや、いまの若い選手たちは「井戸を掘ってくれた人」を忘れてはならない。

樋口や青木、岡本、尾崎以外にも、プロの「先人」はたくさんいる。樋口の師匠でもある中村寅吉、その中村とともに57年のカナダカップで優勝した小野光一、第1回日本プロ優勝の宮本留吉、48歳で日本オープンに勝ち、最強のプロといわれた戸田藤一郎……。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ボール任せ 風任せ 一覧

フォローする
見事に頭が残っている松山英樹のスイング=共同共同

 朝夕冷え込むようになり、外に出るのがおっくうになってきた人がいるかもしれない。そんなときは、ゴルフの名著に親しむチャンスかもしれない。
 1930年に全米オープン、全英オープン、全米アマチュアゴルフ、 …続き (11/22)

成績が振るわなくてもアダム・スコットは毎日、ファンへのサインを続けた

 秋のゴルフシーズンたけなわの9月最終週に千葉カントリークラブ野田コースで日本女子オープンが、1週おいて神奈川県の横浜カントリークラブで日本オープンと、珍しく首都圏でたて続けにビッグトーナメントが行わ …続き (10/22)

杉原さんは大会のスポンサー企業や開催コースへの感謝を忘れなかった

 6年半前に74歳で亡くなった男子ゴルフの杉原輝雄さんは現役時代、その存在感の大きさからプロゴルフ界の「ドン」と呼ばれた。162センチと小柄ながら、青木功、尾崎将司、中嶋常幸ら180センチクラスの大型 …続き (7/19)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]