/

ノバルティス、4400億円で放射線医薬品会社を買収

【フランクフルト=深尾幸生】欧州医薬最大手のノバルティス(スイス)は30日、放射性医薬品会社の仏アドバンスト・アクセラレーター・アプリケーションズ(AAA)を買収すると発表した。買収額は39億ドル(約4400億円)。AAAはがんに体の中で放射線を当てる治療薬に強い。ノバルティスは買収で医療用医薬品の品ぞろえや開発力を強化する。

ノバルティスがAAAの全株式を取得することで基本合意した。AAAの2016年の売上高は1億900万ユーロ(約140億円)だった。

買収によって9月に欧州で承認されたばかりの治療用放射性医薬品「ルタセラ」を手に入れる。同薬は米国でも神経内分泌腫瘍向けに承認審査を受けており、将来の売り上げ拡大が期待されている。

AAAは日本の薬品メーカーとも治療用放射性医薬品のライセンス契約を結んでいる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン