王岐山氏、中国副主席に就任か 香港紙報道

2017/10/30 16:43
保存
共有
印刷
その他

【香港=粟井康夫】香港紙、星島日報は30日、中国共産党の王岐山・前中央規律検査委員会書記(69)が2018年3月の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で国家副主席に就任する見通しだと報じた。習近平国家主席(党総書記)の要請を受け、外交や国家安全などの分野で引き続き重要な政治的役割を果たすとしている。

国家副主席は党指導部の政治局員である必要は無く、人民解放軍出身の長老だった王震氏や、中国中信集団(CITIC)創設者の栄毅仁氏が就任した前例がある。習氏は反腐敗運動など王氏の功績を高く評価しており、党内でも最高指導部(政治局常務委員)に次ぐ序列になる可能性があるという。

王氏は反腐敗運動で周永康・元政治局常務委員ら政敵の汚職を追及するなど、習氏の右腕として辣腕を振るった。習氏は王氏の留任を探ったが、党内の反発も強く、24日閉幕した党大会で「68歳以上は退任」とする慣例に従い、政治局常務委員を退いていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]