/

この記事は会員限定です

NAFTA再交渉で米離脱観測広がる メキシコ政財界で

[有料会員限定]

【メキシコシティ=丸山修一】北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を巡り、メキシコ内で米国の離脱観測が強まっている。地元エコノミストの多くが離脱可能性を5割超とみているほか、閣僚や経済団体からは離脱を見据えた発言が相次ぐ。金融市場では離脱による混乱を嫌気して通貨や株価が下落。11月の次回交渉を前に、緊張感が高まっている。

10月中旬に開かれたNAFTA再交渉の第4回会合では、米国が関税をゼロにする...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1006文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン