2017年11月20日(月)

東芝vsWD 契約書の中に「こじれたI(アイ)」

東芝
法務インサイド
コラム(ビジネス)
エレキ
法務・ガバナンス
(1/3ページ)
2017/11/8 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 東芝による半導体メモリー子会社「東芝メモリ」の売却を巡り、米ウエスタンデジタル(WD)が同子会社の売却を暫定的に差し止めるよう、国際仲裁裁判所に申し立てる準備を進めている。東芝は米ベインキャピタルが主導する「日米韓連合」への同子会社売却を決めたが、暫定差し止めが認められれば頓挫しかねない。なぜここまでこじれたのか。突き詰めていくと、契約書にある一単語の解釈にたどり着く。

■売却決定でも不透明感は消

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報