/

この記事は会員限定です

ブロックチェーンはなぜ「お金」に使えるのか

いまさら聞けない注目テック用語

[有料会員限定]

最近新聞紙上などでよく「ブロックチェーン」という言葉を見かける。特に金融とIT(情報技術)を融合したフィンテックの話題としてよく出てくる。ブロックチェーンの知名度が高まったのは、インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」に使われたためだ。仮想通貨というと堅い印象があるが、要するに「お金」であり、電子マネーの一種だ。しかし、なぜブロックチェーンがお金として使えるのだろうか。

スイカやエディなどの電子マネーは「センター」が管理

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2926文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン