2017年11月19日(日)

太陽系外からきた可能性 謎の天体にどこまで迫れるか

コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2017/11/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 国際天文学連合が10月25日に太陽系外から飛んできた可能性がある彗星(すいせい)が見つかったと発表し、話題を呼んだ。太陽系外から来たのではないか考えられるのは、通常の彗星と違って太陽を周回しない「双曲線」と呼ばれる軌道をとっているためだ。太陽系外から来たことがはっきりすれば初めての天体で、どこまでその正体に迫れるかが注目される。

■軌道の形から「外から来てまた外に去る天体」と判断

 話題となった彗星…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

天体河北秀世ハワイ大学太陽系国際天文学連合彗星



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報