日銀総裁、政策変更が顔に出る? 表情をAIが分析

2017/10/31 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ひょっとして、金融政策の変更が顔に出ているのではないか。こう考えて、日銀の黒田東彦総裁の顔をじっと見つめる研究者がいる。人工知能(AI)を使って過去の記者会見中の総裁の表情をつぶさに見ると、政策変更の1回前の会合では顔に「怒り」と「嫌悪」が浮かぶという。次の記者会見は31日午後。総裁の顔に表れるのは怒りか嫌悪か、はたまた喜びか。

表情について研究したのは、野村証券金融経済研究所の水門善之氏と、米…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]