2018年9月25日(火)

9/25 8:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米国株、反落 ダウ181ドル安 米中貿易摩擦の長期化を嫌気 FOMC控え利益確定売りも
  2. 2位: 吉野家HD、家族・女性を集める「黒い新型店」[有料会員限定]
  3. 3位: HIS、ネット予約普及への対抗軸[有料会員限定]
  4. 4位: NY商品 原油が続伸し2カ月ぶり高値 主要産油国が増産見送り
  5. 5位: GPIF、リーマン再来なら巨額評価損 危機に備えを[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,869.93 +195.00
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,750 +290

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

9月21日(金)14:18

金融相 仮想通貨の不正流出 「甚だ遺憾」[映像あり]

24日に日米貿易協議 茂木氏とライトハイザー氏

9月21日(金)13:06

[PR]

投信ニュース

フォローする

9月の投信運用、「国内株式型」が4%超上昇

2017/11/5 16:00
保存
共有
印刷
その他

 9月の投資信託の運用成績を対象資産の分類別に見ると、パフォーマンス(分配金再投資ベース)が最も良かったのは「国内株式型」の4.40%だった。主要企業の業績改善期待などを背景に国内株式相場が上昇したことを受け、上昇率は2016年10月(4.93%)以来の高水準となった。

 次いで成績が良かったのは「コモディティ型」の3.94%。中国のインフラ投資需要の拡大期待による非鉄金属などの市況回復が寄与した。

 9月は対米ドルで円安が進んだため、多くの分類でプラスのリターンになった。一方、「国内債券型」や「国内REIT(不動産投資信託)型」は国内の長期金利上昇などを背景にマイナスのリターンとなった。

(QUICK資産運用研究所 笹倉友香子)

投信ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム