2017年11月22日(水)
スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

キタサンブラック、悪路で強さ 天皇賞春秋連覇

2017/10/29 23:35
保存
共有
印刷
その他

 スタート直後、普段なら先行集団にいるはずのキタサンブラックが、後方馬群に姿を隠した。ゲートが開く寸前に突進してぶつかり、出遅れたのだ。北島三郎オーナーは「どこに行ったかな」。想定外の序盤だったが、ここからが名手・武豊の真骨頂。馬群の内側、サトノクラウンの真後ろを進み、相手に歩調を合わせるように進出。直線の入り口では、早々と3番手に浮上していた。

秋の天皇賞を制したキタサンブラックと武豊騎手

 2000メートル換算で通常の良馬場より10秒も遅かった究極の悪路。もはやどこを走っても同じ、と武豊は、直線は他馬が避けた内柵沿いへ。先に抜け出した他馬をはじき飛ばすように伸びて一気に先頭。気を抜いてサトノクラウンに迫られたが、譲らずにG1・6勝目のゴールを切った。

 6月末の宝塚記念で9着と惨敗。2年1カ月ぶりに3着以内を外す衝撃の敗戦だったが、身体的な問題は見当たらず、清水久詞調教師は「『これ以上走ったら壊れてしまう』と思って(馬がレースを)やめたのかも」と頭を整理した。厳しい調教で鍛えられた馬ゆえの変調と自らを責めた。

 それから4カ月。驚くべき復元力で立ち直ったキタサンブラックの強さは、悪路で際立った。馬場を走らせた瞬間、武豊は「普通の馬とは違う体力」を感じ、「馬場はこなせる」と確信した。引退まで残る2戦はジャパンカップと有馬記念。過酷な秋初戦の疲れを克服し、現役生活を締めくくるか。(野元賢一)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

北島三郎キタサンブラック清水久詞

競馬のコラム

競馬 一覧

第34回マイルチャンピオンシップを制したペルシアンナイト(18)。左は2着のエアスピネル、右は3着のサングレーザー(19日、京都競馬場)=共同

 第34回マイルチャンピオンシップ(19日・京都11R1600メートル芝18頭、G1)4番人気のペルシアンナイト(M・デムーロ騎乗)が1分33秒8で制し、G1レース初勝利を飾るとともに1着賞金1億30 …続き (19日 17:54)

 第22回東京スポーツ杯2歳ステークス(18日・東京11R1800メートル芝7頭、G3)1番人気のワグネリアン(福永祐一騎乗)が1分46秒6で勝ち、デビューから3連勝で重賞初制覇を飾った。
 後方を進ん …続き (18日 16:51)

 第34回マイルチャンピオンシップ(19日・京都11R1600メートル芝18頭、G1)枠順が17日に決まり、皐月賞2着のペルシアンナイトは(8)枠18番に入った。
 富士ステークスを勝ったエアスピネルは …続き (17日 9:53)

ハイライト・スポーツ

[PR]