/

この記事は会員限定です

岡山大 リチウムイオン電池の正極改良 充放電の速さ5倍に

[有料会員限定]

岡山大学の寺西貴志助教らはリチウムイオン電池を普及品の約5倍の速さで充放電する技術を開発した。正極の表面に特定の物質を付け、リチウムイオンが出たり入ったりしやすいようにした。充電時間を従来の約5分の1の短縮できるほか、強い電力を取り出せる電池の開発に役立つ。電気自動車(EV)向けに数年後の実用化を目指す。

リチウムイオン電池はリチウムイオンが電解液を通じて正極と負極の間を行き来し、充電や放電を繰り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り293文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン