2017年11月20日(月)

政治停滞の責任、大統領に 米調査で85%回答

トランプ政権
北米
2017/10/29 16:00
保存
共有
印刷
その他

 【ワシントン=共同】米紙ワシントン・ポストは28日、トランプ政権下で「政治の停滞が危険水準に達した」と考える国民が71%に上ったとの世論調査結果を伝えた。停滞の原因の「多く」か「ある程度」がトランプ大統領にあると回答した人が計85%を占めた。

 人種や移民への差別を助長するようなトランプ氏の言動によって政党間や党内の分裂が進んでいるとの懸念を多くの国民が抱いている実態が明らかになった。

 政治分裂に関しては、米軍撤退などを巡り国論が二分したベトナム戦争当時と同じ水準か、それよりひどいと感じていると回答した人が70%に達した。

 政治停滞の理由で最も多かったのは「政治とカネ」の問題で、多少なりとも原因となっていると回答した人は計96%に上った。調査は同紙などが9月27日~10月5日、全米の1663人を対象に行った。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報