2017年11月22日(水)

コーヒー シニアと一服 兵庫大(キャンパス新景)

関西
2017/10/28 14:12
保存
共有
印刷
その他

 「1パチ、2パチ」。兵庫大(兵庫県加古川市)の講義室で、コーヒー豆がはじける音と数える声が重なる。この日は近隣のシニアら約30人が集まった。

近隣住民と会話しながらコーヒーをいれる学生(右から2人目、兵庫県加古川市)

 学生と地域住民の交流を通じて認知症への不安を和らげることを目指す「キャンパスカフェなごみ」では、焙煎やミルひきを自分たちで行い本格的なコーヒーを楽しむ。手を動かすことは認知症の予防にもなるという。

 地域に根ざした活動をしたいと、生涯福祉学部社会福祉学科と看護学部看護学科の学生らが今年3月に始めた。社会福祉学科4年生の井上遼太さんは「祖父母ぐらいの人たちともコーヒーをつくりながらだと話が弾む。福祉を学んでいると言うと褒めてくれる人もいて、頑張ろうと思える」と話す。

 焙煎方法をプロから学び、温かみを感じられるよう陶器は手作りで用意した。不定期の開催だが、2回目以降は念珠作りや高血圧予防講座といった企画も行う。参加者の蘆谷敬子さんは「一人で来ても友達ができる。次の企画は何か毎回楽しみ」と笑顔だ。

 「大学を介した地域のネットワークを作りたい」と小倉毅准教授(45)。次回の日程が伝えられると、参加者らはメモを取り、すでに心待ちにしている様子だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報