ボージョレ初荷、関空でお目見え 11月16日解禁

2017/10/28 12:16
保存
共有
印刷
その他

11月16日午前0時に解禁となるフランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」の初荷が28日、ルフトハンザ機で関西空港に到着し、通関検査が報道陣に公開された。

 関西空港に到着した「ボージョレ・ヌーボー」=共同

初荷は750ミリリットルのボトル計2640本。輸入販売元のサントリーワインインターナショナルによると、今年は気温が高く乾燥した夏になり、凝縮され糖度の高いブドウが収穫できた。ベリー系の香りが強く、まろやかな味わいが期待できるという。

到着後に貨物ターミナルへ運び込まれると、税関職員が箱からボトルを取り出し、ラベルを1本ずつ入念に確認した。

販売予想価格は昨年並みで、750ミリリットルのボトルが2460円(税別)。関空からの輸入分は主に近畿の百貨店やスーパーの店頭に並ぶ。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]