/

この記事は会員限定です

起業と移住、地域の力に 瀬戸内ジャムズガーデン社長・松嶋匡史氏

[有料会員限定]

山口県周防大島の海岸沿いに立つ"ジャム屋"は観光コースの定番だ。社長の松嶋匡史は乗客を乗せたバスが見えなくなるまで手を振り、頭を下げる。7月で設立10周年を迎え、社業は順調。そしてもう一つの仕事である「持続可能な地域づくり」にも、少し光が見えてきた。

松嶋は移住関係者の間で有名人だ。いわゆる「移住成功者のモデルケース」としてメディアに取り上げられる。一方で政府や県をはじめとする多くの地域活性化事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン