希望・民進「顔」決まらず 希望、共同代表当面置かず

2017/10/28 0:00
保存
共有
印刷
その他

11月1日召集の特別国会を前に、衆院選の敗北で混乱が続く希望の党と民進党が「党の顔」を決められない異常事態に陥っている。希望は小池百合子代表(東京都知事)を補佐し、国政を仕切る国会議員の共同代表を当面は置かない方針を決めた。11月中に代表選で選ぶ。希望への合流を決断した民進の前原誠司代表は月内をメドに辞任する意向を示した。

希望が27日に開いた両院議員総会では、幹事長兼政調会長に大島敦前民進幹事…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]