2019年5月25日(土)

イオン、中国で出店攻勢、今年度に4店舗

2017/10/27 17:05
保存
共有
印刷
その他

【北京=多部田俊輔】イオンは27日、中国・天津市に4カ所目となるショッピングセンター(SC)「イオンモール天津津南」を開業した。天津で最大級の複合映画館(シネコン)や約80店舗の飲食店など「コト消費」に対応した施設を多く取り入れた。2017年度末までに天津津南を含め4カ所出店する攻勢をかけ、中国市場での成長をめざす。

新SCは市中心部から南東に10キロメートルに位置し、南開大学などが集まる文教エリアに隣接する。延べ床面積は約19万平方メートルで、専門店数は約210店舗。中国政府は北京、天津、河北省の一体開発を進めているうえ、近くには地下鉄の延伸計画もあり、人口増も見込めるという。

今後のSCの出店は11月下旬の江蘇省南通市、12月上旬の湖北省武漢市、12月下旬から来年初めにかけての広東省仏山市を予定する。南通と仏山は初出店で、武漢は3カ所目。イオンモールの中国でのSCは天津津南で14カ所目。19年度末までに22カ所以上に増やす計画だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報